もんじろうと暮らす日々。どこに行くにももんじろうと一緒。もんじろうの服を作り始めてからハンドメイドにすっかりはまってしまってにんげん服やこものも作ったりしています。コメントくださるととっても嬉しいです。


by 月夜
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ばいばい熊本&九州の旅。5

ばいばい熊本&九州の旅5日目(8/2)。
いよいよ九州とお別れです。

台風が近づいてきよってですね…進路は逸れて行きよるけど船が出らんとか…ないよね…
みたいな心配をヨソに、
もんじろう、朝から風の中をドッグランでひとっ走り。
出発前に体調崩したのはどこの誰?というくらいの元気っぷりです。
f0292289_21561926.jpg
とーちゃんとかーちゃんは朝風呂をゆったり楽しんで、ごはん。
朝ごはんもおいしかった。
やっぱり地元のおいしい材料を使ったごはんはおいしいすぎて、朝から食べすぎ。

ロビーからは由布岳が見え…雲で見えないね…(汗)
ほんとは由布岳の雄大な眺めが見えるんですよ。
お部屋以外でもゆったりできる湯布院ガーデンホテル。
f0292289_21562818.jpg
まだまだゆっくりした~いと後ろ髪引かれつつ、チェックアウトして、もんじろうはホテルのトリミングに預けている間ににんげんは湯布院観光です。
(搬出の日にトリミングに出す予定が、体調不良でキャンセルになったもので。やはり新天地には男前にして行かんとね!)

湯布院といえばお決まりの【金鱗湖】

f0292289_21575533.jpg
あいにくのお天気ですが…霧がかかってまぁまぁいい感じ。

町の中をさらっと歩いて、
湯布院で絶対に寄りたかった【天上桟敷】へ。
亀の井別荘の一角にあります。
江戸時代の造り酒屋の屋根裏を改装したという重厚な空間。
f0292289_21585223.jpg
ここは小さい頃から、別府の祖父母のところに行くたびに、母が連れて行ってくれた喫茶店という、思い出の場所です。

f0292289_21584342.jpg
太い梁が張り巡らされたどっしりとした空間。
重厚な家具にまっ白な掛け布がかけられたソファ。
流れる音楽は決まってグレゴリオ聖歌で。
f0292289_2159413.jpg
窓の外は新緑、紅葉。
そしてお決まりは『りんごのコンポート』
f0292289_21593098.jpg
甘く煮たリンゴに、甘くないクリームがかかっていて、大人の味。
まぁよくこんなところにうちの母は、幼い私を連れてきていたもんだ、と思うくらい、大人のお店です。

そして未だかつて上がったことのない上の座敷には、手動エレベーターで珈琲などを上げてくれるのが、憧れ。
f0292289_22125688.jpg
今も昔も変わらないこの喫茶店。
私にとって湯布院の記憶といえば【天上桟敷】なのです。

【燻家(いぶすけ)】で夜食を調達してもんじろうを回収。

f0292289_21594986.jpg
おお!由布岳が見えるねぇ。
さ、別府のばぁばにおまいりしたらいよいよ旅立ちだよ!
f0292289_220048.jpg

と!ここでかーちゃんの携帯がメッセを受信。
『出発は大分港フェリーターミナルですよね?』
『マロン君???ええ大分港…』
『マロン君がもんじろう君に用があるって言うんですよ』
『は!?!?!?まさか大分にいるんですか!?』
なしてまた!?
とりあえず別府の親戚のうちに挨拶に行って。
f0292289_2202214.jpg
昔も今も変わらない別府タワー。

そして大分港。
ここから【さんふらわぁ】に乗って神戸港まで行くのです。
別府港からも【さんふらわぁ】は出ているのですが、ペットが船室まで上がれて一緒に旅ができるのは大分~神戸航路なもんで、九州横断して大分までやってきた次第で…
f0292289_2205479.jpg
このお船に乗って行くのだよ。
朝には神戸だからね。
ペット連れはこの紙をつけて、最後に乗船。
f0292289_220496.jpg
と!ここでマロン君!
f0292289_2283167.jpg
わざわざマロン君ご一家が佐賀から大分港まで見送りに来てくれたとですよ!
それももんじろうにママさん特製の餞別の品を持って来てくれたとです。

わんこレンジャーの先輩マロン君。
会えて嬉しいよ~ToT。
遠く離れるとわんこ同士はなかなか会えんけんね。
もっともっとたくさん遊びたかったね。迷彩着て出撃したかったね。
マロン君&ご一家と出会えてほんとに嬉しかったし、おかげでなかなか出来ん体験もいろいろできたよ。

てか、マロン君台風接近中のこの悪天候にわざわざ九州横断して来てくれるとは。
もうもうびっくりするやら感動するやらで泣きそうになりました。

別れを惜しむまもなく乗船が始まって。
わんこ連れは最後の乗船誘導。
f0292289_229349.jpg
船が動いている間は車には戻れんので大荷物抱えて、もんじろうはゲージに入れて移動。

あっという間に日が暮れて。
あっという間に出航、離岸。
f0292289_2210065.jpg
ほんとに九州離れちゃうんだなぁ。。。
と感傷にひたりつつ、離れ行く岸を眺めていると。
マロン君一家の車がこっち向いてる!
ライトぴかぴかいわしてる!

もう涙ボロボロ。
手、ブンブン振りながらボロボロ。
最後の最後にこんなお見送りをしてもらえるなんて、感動しすぎてほとんど号泣状態でした。

f0292289_22105275.jpg
新天地もがんばるけん!
マロン君ご一家もどうぞお元気で!

わんこレンジャーもんじろう。東方に転出しても挫けずがんばります!

f0292289_2212844.jpg
(もんじろうは部屋から出せないのでお留守番)

f0292289_2213768.jpg
泣きながら部屋に戻ってきて【燻家】で調達したソーセージとビールをつまみつつ。
お船に揺られてゆきました。


[PR]
by moonlotusjp | 2014-09-25 22:25 | つれづれ