もんじろうと暮らす日々。どこに行くにももんじろうと一緒。もんじろうの服を作り始めてからハンドメイドにすっかりはまってしまってにんげん服やこものも作ったりしています。コメントくださるととっても嬉しいです。


by 月夜
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2014年 12月 11日 ( 1 )

やっとこ最後の紅葉紀行に辿り着きました。

この日(11/14)は鳴沢村の【紅葉台】へ。
名前からして期待度up。
そしてその期待を裏切らない大パノラマでした。
f0292289_18204051.jpg
富士山を目の前に、えんえん広がる青木ヶ原樹海。
そして展望台からぐるりと360度の眺望を楽しむことができます。
f0292289_1821437.jpg
しかしここまであがるのがちょいとばかりやっかい。
でっこぼこの道をひたすらガンガンのぼってゆく。
小回りのきくかーちゃんの軽で来てよかったわ。
下手に離合なんかしたら脱輪か崖からおちるかやもん。
f0292289_18222253.jpg
富士山を前方に見て、左手には樹海。
とお~くに精進湖?が見えまする。
f0292289_18225235.jpg
富士山の反対側は西湖。
f0292289_18231961.jpg

f0292289_18235834.jpg
かなたに本栖湖?も見えました。
富士五湖は、山中湖・河口湖・西湖は行ったものの、本栖湖・精進湖の年内制覇は未達成。
年が明けたらぜひとも早々に行ってみたいもの。
遠くに見る湖は鏡の破片のように静かに光っておりました。

f0292289_18243812.jpg
それにしても大迫力です。
ここまでの迫力の富士山は、この鳴沢村の紅葉台と山中湖村のパノラマ台くらいなものではなかろうかい?

じゃ、ちょいともんじろう君、お写真の時間ですよ。
f0292289_18244461.jpg
う~ん、迫力がつたわらんねぇ。

三階建ての展望台の二階部分からはちょうどよく色づいた紅葉と富士山のコラボが見物できました。

f0292289_1826150.jpg
遠い景色なんて興味のないもんじろうにとっては、展望台周辺の小路のほうが楽しみだね。

さっそく落ち葉の中を大喜びで走り回って、
f0292289_18264075.jpg
転げまわって、

f0292289_18265792.jpg
今日も元気に駆け回りました。


紅葉台から下りてきて、国道に出る交差点。
行くときから気になっとったけど、これ橋?なんかね?
見ようによっては列車にも見えるっちゃけど?

と帰りは警備のおじさんに聞いたところ、リニアの車両ということ。
f0292289_18264123.jpg
なるほど。
カモノハシの先頭車両じゃないか!
いったんは離脱したものの、また戻ってきてパチリ!

そのまま河口湖に行くつもりだったけど、紅葉台から見た西湖が気になって西湖を回って河口湖に抜けることにしましたよ。
f0292289_18275279.jpg
おおお!
なんだここは!
とっても静かな湖。
鏡のように湖面が光っとります。
f0292289_18283172.jpg
紅葉と、時間的に夕方に差し掛かっていたので、日の光がオレンジがかってやわらかく、相乗効果。
一幅の静止画のようです。

回ってみてよかったね、もんじろう。
f0292289_18282732.jpg
長々とここまで紅葉紀行にお付き合いくださいまして、ありがとうございました。
新天地、最初の秋は、観光ガイドと観光協会などのサイトで見つけたスポットを片っ端から回りました。
なにぶん富士山を見たことがなかった反動というか感動で、ついつい富士山と紅葉のコラボというスポットばかりに目がいってしまって、富士山!富士山!とうるさいかもしれません。
富士山に飽きる日が来るのかなぁ?

当地はすでに冬に突入しており、冠雪した富士山が日ごと迫力を増して来ております。
一瞬一瞬違う表情を見せる富士山が楽しくて仕方ありません。

今年も残すところ半月あまり。
思い残すところ書き残すところ多すぎですが、ふりしぼって更新してまいりますので、お立ち寄りいただければ、またコメントなぞいただければ嬉しい限りでございます。


[PR]
by moonlotusjp | 2014-12-11 20:14 | おでかけ。