もんじろうと暮らす日々。どこに行くにももんじろうと一緒。もんじろうの服を作り始めてからハンドメイドにすっかりはまってしまってにんげん服やこものも作ったりしています。コメントくださるととっても嬉しいです。


by 月夜
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:もんじろう ( 71 ) タグの人気記事

山中湖の白鳥は怖い!

御嶽山の噴火、突然のことでびっくりしました。
過ごしやすい季節だし週末だったので、多くの人が難に遭われ、まだたくさんの人の安否も知れない状態。心配です。
もんじろう地方も目の前にでっかい火山があるので、いつもいつまでも平穏とは限らない。出来ることがあるのならは、やはり常日頃の心がけというか準備も必要だと感じる今日この頃です。

さてさて夏休みの偵察は続きます。
引越しの荷物も片付かないまま、とーちゃんお盆休みに突入したので、今度は山中湖に偵察に出かけましたよ。

お盆前というのにアジサイがきれいに咲いとる…って涼しいというより肌寒いほど。
f0292289_22452899.jpg
とりあえず山中湖をぐるっと一周してみようと車を走らせていたら、
【文学の森】なるものを発見。
f0292289_2244267.jpg
芝生や緑もきれいで、レンガの小径とか昭和初期?の小学校のような建物とかあるので、寄ってみた。
三島由紀夫文学館とか徳富蘇峰館とかあるし、村民外も利用できる図書館なんぞもある。
徳富蘇峰!熊本にも縁の人物ではないか!
これは…今度ゆっくり来ないかんばい。

f0292289_22442325.jpg
森全体も、ところどころに建物が散っていて、文学碑があったり、小路がどこかしこにつながっていて、これは堪能しに来たいなぁ。

脳ミソに再訪メモメモしつつ、次は【KABA】!
山中湖名物、水陸両用バスです。

水陸両用…ってどんなんやろ?
湖畔を散歩しとったら、ガイドさんのマイクの声とともに木立の中から現れた!
歓声あがっとるよ!
ワクワク。
f0292289_22433614.jpg
水際で停止。
ガイドさんが説明してます。
どんな風に水に入るのか!?

f0292289_2238423.jpg
ワクワクして見守っとりますと…このまんまニュートラルのようにするすると滑るように進んでいって、水飛沫を上げて湖に突っ込んだ!
そしてブクブクよたよたと、そうカバが泳ぐように湖面を進んでいった!
入水するKABA、初めて見るとかなり衝撃的な図ですよ。

f0292289_22401586.jpg
しばらくしたら戻ってきたよ。
このまんま公道を走って停留所に戻っていくらしい。

このKABA、inゲージならペットも乗船OKらしい。
こりゃそのうち、もんじろうも連れて乗ってみねば!

f0292289_22414267.jpg
ボクハコッチノホウガキニナルヨ。
って、海は嫌いなくせに、油断すると湖に入ろうとする。

湖畔では白鳥や鯉のエサがあって、エサやりもできるんだけど、もんじろう、鯉のエサが気になって仕方がない。
クンカクンカ砂に鼻を突っ込んで臭いを嗅いでいると、あら!きれいな白鳥さん!

って、いきなり立ち上がった!でかいよ、この白鳥。
そして、フーーーーッとこっちに向かってくる!
f0292289_22422459.jpg
一瞬戦闘態勢に入ったもんじろう!

キリッ!

羽根を広げて、シャーーーー!!!って声も聞こえんばかりの白鳥の勢いに脱兎の如く一目散!
f0292289_22415337.jpg
…おまえ、まちっと根性見せても…
いやいやいやいや

この白鳥がまた怖いんだ。
逃げるもんじろうを、フーーーッ!!!って追いかけて、硬そうな黄色い嘴でつつこうとする。
すわ!逃げろ!

かーちゃん助けて…(ウルウル)
f0292289_22422090.jpg
うんうん、ありゃ怖いわ。
まぢで怖い。
あんな嘴でつつかれたら穴が開くね。
今日は潔く撤退すべし!

f0292289_2254585.jpg
白鳥のそばには白鳥型の遊覧船もありますよ。その名も【白鳥の湖】。
これはわんこOKだそうです。
これもそのうち乗りたいね。
正面には富士山が見える…さっきまで見えていたんだけども…あっという間に霧というか雲に囲まれて、周囲もまっ白になりました。


その後はKABAの発着場の【森の駅旭ヶ丘】で一休み。
f0292289_22435560.jpg
KABA~と名前のついたドッグとかクロワッサンサンドとか。
ちょっとお高めだなぁ。

山中湖一周してみたところ、別荘地というか研修施設とかも多くて、なんかシャレた落ち着きのあるエリアのよう。
これはますます今後が楽しみです。

[PR]
by moonlotusjp | 2014-09-30 22:20 | おでかけ。
長々と引っ張った『ばいばい熊本&九州の旅』も6日目(8/3)。
やっとこラストを迎えました。

神戸港に入港した【さんふらわぁ号】
f0292289_21172789.jpg
こどもの頃、別府の祖父母のうちから眺めていた憧れのさんふらわぁに、もんじろうと乗れたなんて改めて感激です。

もんじろう本州発上陸。
f0292289_21182089.jpg
眠くてぼ~~~っとしとるやろ?
ごはんも食べたしね。寝とっていいよ。

神戸港から名神大津SAまではとーちゃんの運転。
おおお!迫力あるやないの!
f0292289_2118211.jpg


【大津SA】で琵琶湖を臨んでパチリ!

f0292289_21181569.jpg
叶匠寿庵のショップがあったり、いろんな味の八橋もあるよ。
f0292289_21184797.jpg
琵琶湖を眺めながら、
朝ごはんに京風おうどん。
f0292289_2119538.jpg
やっぱりおうどんは体にやさしいね。


ここからはかーちゃんが運転します。
名神~新名神~東名阪~伊勢湾岸自動車道~東名~新東名。
かっ飛ばします。
なんせ17時前までに新居に到着せにゃならん。
着かなんだら新居の鍵を受け取れず野宿やもの。

一昨年横浜まで走ったときとは通過している道が違う気がせんでもないけど、ナビ様がおっしゃるとおりに走り続けます。

そして到着したのは【新東名 浜松SA】。
f0292289_21215252.jpg
さすがYAMAHAの街。鍵盤模様の建物ですよ。
おまけにアジリティつきのドッグランがある!
f0292289_21202320.jpg
さぁ!もんじろう。
本州デビューだ!
九州男児の…気合なぞないね…(汗)
f0292289_21195714.jpg
アジリティもかわいいよ。
f0292289_21201784.jpg
ドッグランの脇にはペットOKのカフェ。
【上島珈琲店】
テラスだけかと思いきや、店内もOK。

f0292289_21205643.jpg
ここでにんげんはお昼ごはん。

f0292289_21221651.jpg
…おまえの分はないよ~だ。

浜松SAは物販も充実しとって。ワゴンというかハンドメイド系のショップとかもたくさんあって。コンビニもでっかくて。
なんもかんもびっくり!
トイレもきれい。
新東名は道路がきれいすぎて、気がついたらおそろしい速度が出てしまう怖い高速道路なんだけど、駐車場やSA/PAが充実していて楽しいよ。

やっぱり浜松(浜名湖じゃないけど)ならウナギよね、と串焼きなんぞ食べたりしながら出発です。
f0292289_21221998.jpg
あ、こんなのもあった。
まさしくこのど真ん中めがけて行くだよね。
f0292289_21223453.jpg
と、出発したものの、もんじろう、車内でげろっぱ。
あわてて次のPAにお立ち寄り。
【遠州森町PA】
時計を気にしつつ、芝生にもんじろう出して、まちっと休憩。
f0292289_21232289.jpg
それにしても、このPA、武家屋敷ですか?というような建物です。
新しいだけあって、新東名のSA/PAは一つ一つおもしろかねぇ。
といいつつ、さらにかっ飛ばして。

無事、新天地の富士山の麓に到着いたしました。
f0292289_212417100.jpg
新居の鍵もらって、ガスの開栓も間に合って。
よかったよかった。

都合、5泊6日の旅はこうやって無事終わりました。

翌日荷物の搬入なので、この夜は新居のフローリングにダンボールにタオルケット敷いて雑魚寝…なハズが、もんじろうがタオルケットを占拠して、親二人は床の上に直寝です。
f0292289_21243939.jpg
かーちゃんも、もんじろうも、九州沖縄以外で暮らすのは初めてです。
これからどんな生活が待っているのだろう?
冬の寒さは尋常じゃないらしいし。
-10℃とかいうし。今年は2m弱も雪が積もったとかいうし。
夏の時点で熊本と比べると最高/最低気温が-5℃とか。
不安も心配もたくさんあるし、越してきて2ヶ月弱。
すでに九州が恋してシクシクしとることもありますが、九州に居たときみたいに楽しいことたくさん見つけて、もんじろうと楽しみたいと思います。

今後とももんじろうと暮らす日々の日記をよろしくお願いします。



[PR]
by moonlotusjp | 2014-09-27 22:36 | つれづれ
ばいばい九州の旅。
ついに九州を離れました。
大分港を出航した【さんふらわぁ号】は翌朝、神戸港に入港します。

船内はなんだかカーニバル。
f0292289_2125666.jpg
ここにもんじろう連れてきて記念写真撮りたかったけど、部屋から出せんのよね。
f0292289_2155686.jpg
目ぇ腫らしたまんま船内探索。
f0292289_215118.jpg
バンドが生演奏しとったり。
f0292289_2133618.jpg
大分~神戸航路は、ペットと泊まれる船室(ウィズペットルーム)があって、そこが予約いっぱいならペットだけゲージに入れて預けることもできるそうな。
うちはもちろんウィズペットルーム。
f0292289_2143738.jpg
一般の船室とはエリアが完全に分けられていて、この扉の向こうがウィズペットルームの並び。

f0292289_2141877.jpg
万が一、ペットが部屋から脱走しても一般船室まで脱走できなくなっとります。
通路の向こうはデッキ。
だけどペット不可。
さすが船というべきか扉が重いんよね。
こんな重さも好きだなぁ。

船室はこんな感じ。
人間用に2段ベッド。
ペット用のエサ入れと水のみが設置されとります。
トイレは自前。もんじろうは自前のトイレととーちゃんがいれば、ほぼトイレ成功させられるので、車から抱えて持ってきた。
狭いっちゃ狭いけどこじんまりとしていい感じ。
f0292289_21449100.jpg
熊本の家を出て、5泊目。さすがにとーちゃんもお疲れで、夜食をつまんだらとっととお風呂に入りに行きましたよ。

f0292289_216590.jpg
もんじろう君もごはんだね。
熊本を出る前は体調崩して心配だったけど、見かけは元気になったもんじろう。
ただ毎日違う環境なのがストレスなのが、食い気命!のもんじろうが、いつものごはんはあまり食べない。
とーちゃんかかーちゃんが側についていて促してやらんと完食できんとか…もうね…
ガツガツ食べたのはくるみカフェさんの馬ロッケと、湯布院ガーデンホテルのキッシュくらい。
この夜はマロン君ママさんが差し入れてくださったお醤油ごはんは、いつもより食べてくれてちょっとほっとしましたよ。


食べ終えたもんじろうはとっととベッドに上がってオヤスミ…zzz…
f0292289_2173635.jpg
部屋のTVでは航路と現在位置が表示されます。
フムフム。
台風が通過した後なもんで、豊後水道も瀬戸内海も若干の揺れはあって、「お気をつけください」とTVに表示されるんだよね。
f0292289_2162883.jpg
お風呂にゆっくりつかって(大浴場があります)
日が暮れてるし、雨が降ってるので景色は見えないけど、お船のお風呂も乙なもの。

とーちゃんはすでに爆睡。
かーちゃんも二段ベッドの上に上ってウトウト…
眠れんわけじゃないけど、揺れもエンジン音も心地いいけど、なんかもったいなくて熟睡できん。

おっと!TV画面に【来島海峡大橋】だって。
さっそくデッキに出てみる。
f0292289_2171475.jpg
きれいやねぇ…
f0292289_217683.jpg
部屋に戻ってきたら、もんじろう、とーちゃんの毛布を奪って爆睡。

おお!お次は【瀬戸大橋】だって。
これも迫力やなぁ。
f0292289_2181624.jpg
そしてちょっと寝たらあっという間に夜明け。
ファンネルもかっこいいね。やっぱり船旅はいいなぁ。
f0292289_2184544.jpg
などと感傷にひたっていると
【明石海峡大橋】ですよ。
f0292289_21101033.jpg
通過しま~す
f0292289_2194910.jpg
真下をくぐってま~す。
f0292289_2110917.jpg
やっぱりでかいねぇ。

f0292289_21112953.jpg
迫力だねぇ。

f0292289_2113202.jpg
…とーちゃんももんじろうも、まだまだ爆睡。

f0292289_21134841.jpg

あれ?かーちゃん?
珍しいね?もう起きたの?
ええ、起きましたとも。もったいなくておちおち寝てられませんよ。

あれよあれよという間に神戸港。
キリンがたくさん並んでますよ。
f0292289_2115912.jpg
もんじろうはさっさとゲージに格納されて下船準備も万端。
f0292289_2115593.jpg
ペット連れの下船はラスト。係員の誘導があるまで部屋で待機なのでゆっくりできます。
f0292289_21152335.jpg
だから悠長に入港の様子なんぞをデッキから見ることもできます。
入港出港の手順とか見るのも船旅の楽しみの一つ。
すでにエレベーターの前には下船する一般のお客様の行列でごった返しとりましたが、あたふたせんでいいウィズペットルームは静かなもの。
この船旅、病み付きになりそうやね。
f0292289_2116540.jpg
ナラ、ボクモユックリシテテモイインジャナイ?
とでも言いたげです。

下船したら、もんじろう本州初上陸です。
いよいよ、というかやっと引越しの旅も終わりです。

…つづく…



[PR]
by moonlotusjp | 2014-09-26 22:15 | つれづれ
ばいばい熊本&九州の旅5日目(8/2)。
いよいよ九州とお別れです。

台風が近づいてきよってですね…進路は逸れて行きよるけど船が出らんとか…ないよね…
みたいな心配をヨソに、
もんじろう、朝から風の中をドッグランでひとっ走り。
出発前に体調崩したのはどこの誰?というくらいの元気っぷりです。
f0292289_21561926.jpg
とーちゃんとかーちゃんは朝風呂をゆったり楽しんで、ごはん。
朝ごはんもおいしかった。
やっぱり地元のおいしい材料を使ったごはんはおいしいすぎて、朝から食べすぎ。

ロビーからは由布岳が見え…雲で見えないね…(汗)
ほんとは由布岳の雄大な眺めが見えるんですよ。
お部屋以外でもゆったりできる湯布院ガーデンホテル。
f0292289_21562818.jpg
まだまだゆっくりした~いと後ろ髪引かれつつ、チェックアウトして、もんじろうはホテルのトリミングに預けている間ににんげんは湯布院観光です。
(搬出の日にトリミングに出す予定が、体調不良でキャンセルになったもので。やはり新天地には男前にして行かんとね!)

湯布院といえばお決まりの【金鱗湖】

f0292289_21575533.jpg
あいにくのお天気ですが…霧がかかってまぁまぁいい感じ。

町の中をさらっと歩いて、
湯布院で絶対に寄りたかった【天上桟敷】へ。
亀の井別荘の一角にあります。
江戸時代の造り酒屋の屋根裏を改装したという重厚な空間。
f0292289_21585223.jpg
ここは小さい頃から、別府の祖父母のところに行くたびに、母が連れて行ってくれた喫茶店という、思い出の場所です。

f0292289_21584342.jpg
太い梁が張り巡らされたどっしりとした空間。
重厚な家具にまっ白な掛け布がかけられたソファ。
流れる音楽は決まってグレゴリオ聖歌で。
f0292289_2159413.jpg
窓の外は新緑、紅葉。
そしてお決まりは『りんごのコンポート』
f0292289_21593098.jpg
甘く煮たリンゴに、甘くないクリームがかかっていて、大人の味。
まぁよくこんなところにうちの母は、幼い私を連れてきていたもんだ、と思うくらい、大人のお店です。

そして未だかつて上がったことのない上の座敷には、手動エレベーターで珈琲などを上げてくれるのが、憧れ。
f0292289_22125688.jpg
今も昔も変わらないこの喫茶店。
私にとって湯布院の記憶といえば【天上桟敷】なのです。

【燻家(いぶすけ)】で夜食を調達してもんじろうを回収。

f0292289_21594986.jpg
おお!由布岳が見えるねぇ。
さ、別府のばぁばにおまいりしたらいよいよ旅立ちだよ!
f0292289_220048.jpg

と!ここでかーちゃんの携帯がメッセを受信。
『出発は大分港フェリーターミナルですよね?』
『マロン君???ええ大分港…』
『マロン君がもんじろう君に用があるって言うんですよ』
『は!?!?!?まさか大分にいるんですか!?』
なしてまた!?
とりあえず別府の親戚のうちに挨拶に行って。
f0292289_2202214.jpg
昔も今も変わらない別府タワー。

そして大分港。
ここから【さんふらわぁ】に乗って神戸港まで行くのです。
別府港からも【さんふらわぁ】は出ているのですが、ペットが船室まで上がれて一緒に旅ができるのは大分~神戸航路なもんで、九州横断して大分までやってきた次第で…
f0292289_2205479.jpg
このお船に乗って行くのだよ。
朝には神戸だからね。
ペット連れはこの紙をつけて、最後に乗船。
f0292289_220496.jpg
と!ここでマロン君!
f0292289_2283167.jpg
わざわざマロン君ご一家が佐賀から大分港まで見送りに来てくれたとですよ!
それももんじろうにママさん特製の餞別の品を持って来てくれたとです。

わんこレンジャーの先輩マロン君。
会えて嬉しいよ~ToT。
遠く離れるとわんこ同士はなかなか会えんけんね。
もっともっとたくさん遊びたかったね。迷彩着て出撃したかったね。
マロン君&ご一家と出会えてほんとに嬉しかったし、おかげでなかなか出来ん体験もいろいろできたよ。

てか、マロン君台風接近中のこの悪天候にわざわざ九州横断して来てくれるとは。
もうもうびっくりするやら感動するやらで泣きそうになりました。

別れを惜しむまもなく乗船が始まって。
わんこ連れは最後の乗船誘導。
f0292289_229349.jpg
船が動いている間は車には戻れんので大荷物抱えて、もんじろうはゲージに入れて移動。

あっという間に日が暮れて。
あっという間に出航、離岸。
f0292289_2210065.jpg
ほんとに九州離れちゃうんだなぁ。。。
と感傷にひたりつつ、離れ行く岸を眺めていると。
マロン君一家の車がこっち向いてる!
ライトぴかぴかいわしてる!

もう涙ボロボロ。
手、ブンブン振りながらボロボロ。
最後の最後にこんなお見送りをしてもらえるなんて、感動しすぎてほとんど号泣状態でした。

f0292289_22105275.jpg
新天地もがんばるけん!
マロン君ご一家もどうぞお元気で!

わんこレンジャーもんじろう。東方に転出しても挫けずがんばります!

f0292289_2212844.jpg
(もんじろうは部屋から出せないのでお留守番)

f0292289_2213768.jpg
泣きながら部屋に戻ってきて【燻家】で調達したソーセージとビールをつまみつつ。
お船に揺られてゆきました。


[PR]
by moonlotusjp | 2014-09-25 22:25 | つれづれ
ばいばい九州の旅4日目(8/1)は、
実家を出て、福岡で家族に会い、
高速を飛ばして、大分県は由布院へ。
この夜はわんこOKの【湯布院ガーデンホテル】にお泊りです。

f0292289_22573578.jpg
ああ!もう念願の湯布院ガーデンホテル!
一度でいいから泊まってみたかったの!
とーちゃん財布をふりしぼってコテージを予約。

f0292289_22581468.jpg
お部屋は天上が高くて広々。

f0292289_22584331.jpg
ベッドあるけど…畳に布団敷いて寝たい…

f0292289_2331076.jpg
窓からドッグラン。
f0292289_2305516.jpg
ひろいなぁ。
三面もあるよ。
荷物を片付ける間はもんじろう君にはゲージで待機してもらいますよ。

f0292289_230887.jpg
トイレシーツもシュッシュッもあるし。
わんこ用のタオルもあるし。至れり尽くせり。
夕ごはんはわんこOKのレストランを予約していたけれど、天候が悪くて(でっかい台風が近づいていたもので)今夜はダメなんだって。
じゃぁ、お部屋でわんこごはんにしようか。
よりどりみどり。
どれにするかね?

f0292289_2304513.jpg
馬肉のキッシュにしようか?
わんこごはんが来るまで、もんじろう、お部屋の中をくんかくんか偵察。
f0292289_232612.jpg
わんこレンジャーたるもの、きちんと現状確認&安全確認せねばね。
さぁ。来ましたよ、馬肉のキッシュ。
うまそう…これかーちゃんが食べたいわ。
f0292289_2333435.jpg
マテ!

f0292289_234648.jpg
よだれならぬ鼻水たらしながら…
マテナイヨ~ハヤク~
f0292289_2335860.jpg
あっという間に完食。
食べてる写真も撮れなんだ…

オイシカッタヨ~ゲフッって、味わって食べようよ。
あっという間やん。

もんじろうにはゲージのなかでお休みいただいて、
にんげんはレストランにごはん。

このレストラン…
地元のお野菜、地元のお肉、豊後水道のお魚。
和洋中、種類も多すぎるくらいたくさんで。
f0292289_2345082.jpg
ちょこっとずつでも食べられないくらい。
おまけにしゃぶしゃぶ。
f0292289_2344637.jpg
おいしいすぎて食べ過ぎました。
ドリンクも豊富。お酒飲む人にはいいだろうなぁ。
かーちゃんは、ホテルでとれたミントで作ったミントティーがおいしくておいしくて病みつきです。
湯布院だからお水もおいしいの。

あ~お腹いっぱい♪
と出てきたら、台風接近の怪しい天気で風もびゅーびゅーではあるけれど、ランは2100まで利用OKなので…

f0292289_2351862.jpg
じゃぁ、もんじろう、食後の運動、行ってみようか!
とーちゃんと、シーソーやってみたり、
ボール追いかけて走ったり、
f0292289_2313028.jpg
ふぅ~ひとやすみ。
お泊りのわんちゃんたちもやってきて、追いかけっこしてみたり、
f0292289_235592.jpg
時間ギリギリまで楽しみました。
そろそろお開き、というところで雨が降ってきて、
よかったね、ギリギリセーフ。

部屋に戻ったもんじろうは座布団の上ですでにぐっすり。
f0292289_23133451.jpg
…もんじろう君。
まだ本日のメインイベントが待っているんだよ。

この日のメインイベントは
『もんじろうと一緒に温泉!』
f0292289_237793.jpg
貸切家族風呂はわんこも一緒にOK。
こっちはにんげん用。

下が、わんこ用の浴槽。
もちろんどちらも温泉。
f0292289_237011.jpg
では、まずもんじろうから。

ふぅ~気持ちいいねぇ。
い~い湯だなぁ~って?
f0292289_237262.jpg
とーちゃんに体も洗ってもらって、うふぅ~ん。

f0292289_2384465.jpg
かーちゃんもゆっくりお湯につかって。
わんこと一緒にお風呂に入るのは初めてでしたが、
お風呂場は広いし、ハイパワーなドライヤーもあるし、にんげん用&わんこ用のタオルもたくさん準備されていて、安心してゆっくりすることができました。
噂にたがわぬホテルだわ。
さすが湯布院ガーデンホテル。

部屋に戻るともんじろうすぐに爆睡。
f0292289_239691.jpg
気持ちよかったね~。
どんな夢を見とるのかな?
舌なめずりしとるから、おいしいごはんでも食べとるのかな?

とーちゃんもかーちゃんも引越しの疲れが癒される宿です。
九州最後の夜がここでほんとによかった。

さぁ、次の日はいよいよ九州とおさらばです。

[PR]
by moonlotusjp | 2014-09-20 08:37 | つれづれ
ばいばい熊本&九州の旅3日目(7/31)は
熊本を後にして、208号線を北上。
この夜の宿は佐賀県唐津の実家です。

途中で寄り道。
八女ゆめタウン前の【くるみカフェ】さんへ。
f0292289_20584671.jpg
ほんとにくつろげるお店でで、わんこはかわいいし、ごはんはおいしいし、何より看板犬ダックス5匹がかわいい。
とーちゃんが珍しく気に入ったお店の一つで。
佐賀まで行っていたのに進路変更の指令。
かーちゃん、心の中で万歳!

もんじろうも、おいしいわんこごはんがあって、かわいいかわいいと可愛がってもらえる【くるみカフェ】さんが大好きです。
お店の近くになると仁王立ち!
早速くるみばぁばさんに擦り寄って、ナデナデしてもらって離れません。
f0292289_20595269.jpg
よかったねぇ、もんじろう。


f0292289_2101587.jpg
かーちゃんは大好きシメジとベーコンのペペ。
とーちゃんはハンバーグ。
f0292289_2102016.jpg
あれ?ボクの分は?
f0292289_2114710.jpg
ちゃんと馬ロッケあげたでしょ?

あいかわらずかわいい&かっこいいくるみファミリー。
f0292289_2115376.jpg
美人さんに…

f0292289_2123679.jpg
イケワン君。

いつも楽しい時間を過ごすことができた【くるみカフェ】さん。
お世話になりました。

みなさんお元気で!

f0292289_213406.jpg
おなかいっぱい、食べて遊んだもんじろうは、車の後部座席の定位置にもぐりこんでまったり♪

f0292289_2141584.jpg
途中で大町駅のSLでオキマリのパチリ。

この夜はかーちゃんの実家にお泊り。
もんじろうが大好きなじぃじに、イタズラされながらもべったりくっついて離れず。
じぃじともしばらく会えないからね。

次の日は由布院に移動します。

…つづく…


[PR]
by moonlotusjp | 2014-09-19 06:44 | つれづれ

天草旅行2014 その5

天草旅行記も最後となりました。やっとここまで辿り着いた…
思い出すだけで頭が煮え立ちそうなほど暑かった。
新天地ではすでに長袖長ズボンなもんで、まるで蜃気楼の夢のようです。

さて、旅の最後のイベントは海水浴。
偵察の末、【富岡海水浴場】へ参りました。
遠くに見ゆるは九州電力苓北火力発電所です。
f0292289_23253377.jpg
近頃はわんこ不可の海水浴場も多いのですが、ここはOK。
一昨年は本渡海水浴場、去年は牛深の砂月海水浴場で水練しました。

さて、もんじろう君。
水練開始ですよ!
わんこレンジャーたるもの、危急の折にはわが身を守るためにも泳げんとね!
f0292289_2325575.jpg
もんじろう、江津湖とか八景水谷公園では自ら水に飛び込んでいくのに、海は好きではないようで、かーちゃんの肩の上によじ登って海に入ろうとしません。
途中であきらめて、水に飛び込みました。

もんじろう、犬かきはできます。
ヨタヨタ泳ぎます。
腰に負担がくるようなので、腹部を支え…つつ、前に進んでいないのに気づいてないのかせっせと水をかいとります。

f0292289_23263090.jpg
ぜんぜん楽しそうやないね…
そしてちょっと水から浮かしてやると、無表情にエア水かきしとります。
(そして周囲のこどもたちに、かわいい~~~とか言われとる)
今年の水練はここまでにしとこうか…

f0292289_23265733.jpg
もうね…海なんて…と甲羅干し。

f0292289_23274470.jpg
芝生でこの情けない顔…
お前、わんこレンジャーだろ?

ついでなので富岡城周辺をぐるっとまわり、
【富岡海中公園展望所】
f0292289_2328576.jpg

【四季咲岬灯台】
f0292289_23284674.jpg
暑いよ、かーちゃん…
はいはい。

そろそろ帰路につかんとね。

ついでだから【天草空港】
f0292289_23291598.jpg
ステンドグラスがきれいです。
ローカルな空港で、待合室もちっちゃいですがきれいですよ。
f0292289_23293177.jpg
時間が合えば天草エアラインのくまもん飛行機が見られますが、この日は居ませんでした。
ちょいと残念。
f0292289_2330734.jpg
そして本渡市内を通過。
前々日に泊まった民宿よしだのすぐ近くの【レストランハニー】
本渡と熊本市を結ぶ国道324沿いにあります。
前から気になっとったよね。
この懐かしさをよぶ外観。
f0292289_23301595.jpg
お目当てはタコ釜飯。
貝汁つき。
f0292289_23304511.jpg
天草はタコ街道とよばれるほどタコが名産です。
天草のタコは有明海のエビを食べているので、エビの香りがするとも言われとります。
甘くてほんとにおいしかった。あ~幸せ。
上天草のさんぱーる海鮮丼に始まり、タコ飯に終わる、海鮮尽くしの旅でもございました。

そして北上。
【道の駅有明リップルランド】でお決まりのタコ。


f0292289_2331811.jpg
でかいんですよ、これ。
もんじろう乗せてもこの小ささ。
f0292289_23313313.jpg
冬はイルミネーションがきれいなのですよ。
そして、道の駅の向かいの【サンタマリア館】
隠れキリシタン民俗資料館です。
f0292289_2332919.jpg
ここは特に隠れキリシタンの信仰道具、マリア観音などのキリシタン異物の展示が充実しとります。
そして隠れキリシタンをして、
『本来のキリスト教とはほど遠い、一種の「キリスト教的民俗宗教」となってしまいました。いわゆる「キリシタンでないキリシタン」=「異宗」となってしまった』
と言い切っており、なるほど、と納得させられる展示です。

天草のキリシタン関係の資料館。
天草キリシタン館(船之尾町)、天草コレジヨ館(河浦町)、天草ロザリオ館(天草町)、サンタマリア館(有明町)
2年かけて制覇。
どの資料館も、一通り天草におけるキリスト教信仰の歴史、「天草四郎の乱」や「隠れキリシタン」に、受難の歴史をまとめつつ、各資料館ごとのテーマを設けて掘り下げをした展示で、見ごたえがあります。
ひとつでなく、機会があるならいくつか資料館に立ち寄られることをお勧めいたします。

旅の〆は、上天草の【スパ・タラソ天草】で温泉につかって、海に沈み行く夕日をながめて一服。

一路我が家へ。
f0292289_23322512.jpg
もんじろうはお疲れで、後部座席でウトウトうっとりです。
帰ったら、引越しの〆!
荷物の搬出は翌々日です。
がんばるぞーーーーー!!!

思う存分天草を満喫できた旅でありました。
熊本生活2年4ヶ月、阿蘇や小国といったエリアよりはるかに天草で遊んでいたことが多かった、もんじろう一家です。
海きれい、海産物おいしい、お菓子もおいしい、異文化に触れ、温泉入って。
熊本市内から本渡、牛深はちと遠目ですが、上天草くらいなら楽勝です。
もっともっと行きたいところ、楽しみたいところ、たくさんありましたが、それはまた九州に帰ってきたときのお楽しみ。
『五足の靴』を読みながら、思い出して楽しみたいと思いまする。



[PR]
by moonlotusjp | 2014-09-11 09:07 | おでかけ。

天草旅行2014 その4

さてさて天草旅行2日目(7/26)の夜は、この旅のメインイベント【本渡花火大会】です。
【天草ハイヤ祭り】のラストを飾ります。
熊本に越してきて3回連続見に来とります。

一万発を打って打って打ち上げまくり。
f0292289_23165696.jpg
それも大玉ばっか!

f0292289_2317638.jpg
次から次と打ち上げます。
大矢野緑地公園というひろ~い芝生広場なんで、ひろびろゆった~り。
もちろん屋台もたくさん。
ハイヤ祭りの一環なのでステージなんぞもあります。
f0292289_2318824.jpg
レジャーシートとチェアもちこんで、ゆった~りまった~り見物。
臨海公園なのでまぁまぁ涼しい。
f0292289_2318657.jpg
屋台で買った食べ物飲み物を手にゆったり花火。
距離も近いから迫力です。
f0292289_2319459.jpg
ただ、この日はあんまり風がなかったんで、花火の煙が流れずに後半の花火がぼやけてしまったのが残念でしたが、今年も見せてくれました。
f0292289_23192456.jpg
とどめに大玉をこれでもか!というほど打ち上げてくれて終了。
今年も大迫力の花火を見せてくれてありがとう!
最高でした!

そこから40kmをとばして下田温泉に戻り
温泉にゆた~りつかって疲れをとりました。
f0292289_23202633.jpg
もんじろう、爆睡。
暑くてげんなり、連れまわされてげっそり。
とどめが花火で半泣き。
5月のJ隊行事の訓練展示の戦車の空砲がトラウマになったらしく…花火大会の間中、とーちゃんにへばりついとりました。
ちょっともんじろうにとってはキツかったかもね。
ゆっくり休むんだよ。
次の日は水練が待っているのだからね(ウシシ)


一夜明けて…
こんなゆったりしたお部屋で休んどりました。
もちろん窓の外は真っ青な海!

f0292289_23201796.jpg
アロハを着た人々のお見送りを受けてホテルを出発。
ホテルの前は、すばらしい海と断崖&ゴツゴツ岩。

f0292289_23213473.jpg
なんとも味があります。

f0292289_2321161.jpg
こういうゴツゴツした岩場にくるとワクワクしますね。

f0292289_23214042.jpg
変化に富んでいて見飽きません。

f0292289_2322082.jpg
ホテルの横にちょっとした高台があったので登ってみると…
【五足の靴】の碑がありました。
f0292289_23223738.jpg
五足の靴…この5人です。
与謝野鉄幹、北原白秋、吉井勇、太田正雄、平野万里。
近代文学で必ず出てくるな。
こりゃ読まないかん。よし!かならず読もう。
いつか九州に帰ってきたら、五足の靴の足跡をたどるのも楽しかろう…と妄想しつつ…


f0292289_2323997.jpg
せっかく【下田温泉】に来たんだから、素通りもどうか、と温泉街に入っていくと、足湯発見!
もちろん無料。向かいは観光案内所。


f0292289_2323294.jpg
広々とした公園に、日本庭園風の池のような足湯。
足をつける箱だけ、みたいな普通の足湯とは違います。
f0292289_23244334.jpg
手前には屋根付、木の広間みたいなところにも腰掛けてゆったりできまする。
脇のほうでは歩行浴みたいな感じにもなっとります。
f0292289_23242949.jpg
もんじろうはもちろん入れませんからね。見学だけ。

とーちゃんとかーちゃんだけゆっくり…
と言いたいところでしたが、この日も朝から気温がグングン上昇して、お湯も熱めでそこまで長居はできませなんだ…
秋~冬にぜひとも来たいなぁ。
冬の荒れた海も見ものだろうし。

ではではこの旅のラストイベントへと向かいまする。

…つづく…

[PR]
by moonlotusjp | 2014-09-10 18:03 | おでかけ。

天草旅行2014 その3

油断するとすぐ一週間なんて経っちゃいますね。
天草旅行記も終わってないのに、もんじろう地方は秋がきとります。
マズイマズイ…どこまで行きましたか…まだ2日目(7/26)…スミマセン。
今日からドバーーーっと参ります。

大江天主堂を後にして、お次は【崎津天主堂】へ。
ここは私が天草で一番好きなところです。

小さな港の集落にとけこんだ教会がとても美しいのです。
f0292289_238517.jpg
大江天主堂は緑の丘に真っ白な堂でしたが、ここは港の灰色というか茶色とほぼ同系列の色。
そこに埋まったステンドグラスも美しい。

崎津天主堂は
「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」の構成資産として、世界遺産入りを目指しておるそうな。
ここには大江天主堂は含まれとりません。
下がそのPRポスターに使われている写真。
港に立ち込める霧の中に浮かぶ教会の塔が幻想的です。
f0292289_2392618.jpg
教会の内部は撮影不可です。
大江天主堂と同じ様式ですが、大江ほどの開放感はありません。
しかし心落ち着くお堂は、思わずひざまずき、何かに祈りたくなるような気持ちにさせる、厳かな雰囲気です。

暑くて溶けそうになりつつも、大好きな崎津教会。
うっとり見とりましたら、教会の前に座っていたおじさんに声をかけられました。

なんでも船で海から教会~沖のマリア像を案内してくれるという。
去年まではなかったこの遊覧。
もんじろうもOKということで一も二もなくお願いしましたとも。
f0292289_2310441.jpg
案内料は30分一人500円。
よくしゃべるおじさんで。
崎津集落独特の建物や集落の造りなどを解説してくれます。
f0292289_23104452.jpg
海の上から見る教会はまた趣が違います。
大江は丘の上にそびえていて、威風堂々としとっていかにもシンボル!という感じでしたが、
崎津はなんというのかな、集落にとけこんでいるというか根付いているというか、いとも自然な感じがします。

f0292289_2311643.jpg
暑くてもんじろうはハァハァです。
この子は船はこわがらんですね。

そして何よりこの遊覧でみたかったのが、このマリア像。
海に向かって立っておられます。
f0292289_23114394.jpg
去年の夏と冬に来たときは、このマリア様を拝みたく、岩場をつたって回り込もうとしたが果たせず。
この日ついにその尊顔を拝することができました。
f0292289_2312766.jpg
この日は台風が近づいとりまして海上がうねっとったので、これ以上近づくことはかないませんでしたが、それでも海からの教会、マリア様を見られて本当によかった。
おじさんもコネタを披露してくれて、ガイドにはないこともいろいろ聞けてよかった。

そしてもう一つ。
天草謹製【杉ようかん】
教会の前の路地にあるお店【南風屋】さんで売っとります。

うるち米のお餅をのばして、餡をつつみ、縁起のよい紅をひき、杉をはさむ。
シンプルです。
18世紀に江戸に向かっていた琉球の使節が嵐によって遭難して崎津に漂着し、崎津の住民に救助されたお礼に伝授されたものだそう。

f0292289_23124958.jpg
ほんのり甘くて上品な生菓子です。これで150円。
その日限りの期限なのでお取り寄せもできません。
ここでいただくしかない。
たまに熊本市内の物産展に出品することがあるくらいだそうな。
お店のおばあちゃんが説明しながら冷たいお茶をいれてくれたのも、とてもありがたかったです。


もっとのんびり崎津に居たいのはやまやまでしたが、今夜の宿にチェックインして本渡まで戻らねばならないので前進。

崎津・大江は昨年冬のイルミネーションも本当に美しかったのです。
そのうち機会がありましたらご紹介させてくださいませ。

お次は【十三仏公園】です。
f0292289_2314586.jpg
真っ青な海。
写真撮り忘れましたが、【白鶴浜】という美しい白砂の海岸を望むこともでき、与謝野鉄幹・晶子夫妻の歌碑もあります。

f0292289_23135997.jpg
下は断崖絶壁。
…大好きですな。こういうポイント。
もんじろうが落ちてはかないませんから、しっかり握ってパチリ!
f0292289_23141964.jpg
さらに前進して、この夜の宿、下田温泉【望洋閣】です。
ここ、ペットOKの宿。
○天などの予約サイトにはペットOKとは載っとりませんが、とーちゃんが直に電話したらOKでした。
全館オーシャンビュー。
眺めも最高で、昔ながらの温泉の観光ホテル!
天皇陛下もお泊りになったことがあるそうです。
f0292289_23152417.jpg
ゆっくりしたいのは山々ですが、これから花火大会の為に本渡市まで取って返します。
正直、この時点では、花火なんてもうどうでもいいから寝たい温泉はいりたいゴロゴロしたい…
と言ってもとーちゃんが許してくれませんがね。

そしてブンブン本渡に取って返し、市内に入ったところで【S-PORT】さん発見。
天草特産のオリーブ油やイチジクを使ったジャムでおいしい洋菓子を作ってらっしゃる。
【天草謹製】にも選定されております。
甘さひかえめの上品な洋菓子です。
干し柿のようなイチジクのジャムがはさまれたお菓子がとてもおいしゅうございました。
f0292289_23152565.jpg
ばらのお菓子をgetして、日が暮れる前には会場に到着。
とーちゃんの計画通り、一番近い駐車場にすべりこみ、夜を待ちます。

…つづく…


[PR]
by moonlotusjp | 2014-09-09 23:08 | おでかけ。

天草旅行2014 その2

天草旅行2日目(7/26)です。

この日は夜の本渡花火大会までブラブラ予定。
しかし!花火大会ある上に、トライアスロンで本渡市内に宿がとれず、下田温泉に泊まることに。
いったん、下田温泉の宿にチェックインして、本渡に戻ってきて、花火大会見て、また下田温泉に戻るという…
けっこうハードなスケジュール。
…がんばりました。

本渡と下田温泉の間には、私の大好きな崎津天主堂があるから、それも楽しみ。

朝はボリュームたっぷりの民宿よしだのごはんを食べて腹ごしらえ。
南下しようとしたところ…あれ?なんかある!と。

本渡瀬戸歩道橋
可動(昇開)式の橋です。
北の有明海、南の八代海をつなぐ瀬戸にかかる歩道橋。
船が来ると真ん中部分がぐぐ~~~んと上下します。
f0292289_21404962.jpg
へぇ~~~とのんびりもんじろうと渡っていたら
「船が通過します。お早くお渡りください」(みたいなこと)と放送がかかって、あわてて渡り終えたら、
ぐぐーーーーーん!とあっという間に橋の真ん中部分が上がってゆきました。
船が速度を落とすことなく通過…とすぐぐぐーーーーーんと下りてくる。
なんとスムーズ。
あっけにとられて見とりました。
なんかいいもの見れたねぇ。
と、とりあえず、本渡を出て前進します。

と、右側にすっごく青い海が!
鬼海ヶ浦です。
f0292289_21401240.jpg
なんという青い海!
f0292289_21411337.jpg
展望所がありまして、そこから海岸へと木製の階段を下りてゆけるので、暑さにもかまわず下りてゆきます。


おおおおおお!
私好みの岩ゴツゴツ!に荒々しい波!
最高です!
f0292289_21423980.jpg
じゃ、もんじろう君。お写真を一枚!
f0292289_21432736.jpg
おお!様になるやん!
じゃ、もう一枚。
f0292289_21432470.jpg
うわぁ。
夏のポスターみたい!
泳げるものなら泳ぎたいほど、真っ青できれいな海です。
(のぼりの階段が地獄やった…)

後ろ髪ひかれつつ、さらに前進。
大江天主堂です。
丘の上に真っ白な教会が建っている様は、まるで異国の絵葉書のようです。
冬にも来ましたが、曇天で。
夏の青空に、丘の緑に映える白い天主堂の美しさにただただ畏敬の念を抱きます。
f0292289_214223.jpg
明治末、この天主堂を建てたガルニエ神父を訪ねる旅をした文人達がいました。
与謝野鉄幹、北原白秋、木下杢太郎、吉井勇、平野万里。
近代文学で必ず出てくるそうそうたるメンバーです。
なんともはや…
そして彼らが記した紀行文が「五足のくつ
北原白秋はこの旅に触発されて「邪宗門」を記したとか…なんともはや…
勉強不足でした。
これはぜひとも読まなければ。

なるほど天草は長崎や神戸、横浜などとは違った異国情緒があります。
f0292289_21413399.jpg
大江天主堂は昨年の夏、冬にも来たのですが、時間外で内部を拝観することができませんでした。
麓の天草ロザリオ館も休刊日だったり時間外だったり。
三度目の正直!の天主堂の中は、明るく静かで広々として、お堂の中なのに解き放たれていくような開放感と安心感がありました。
ロザリオ館も隠れキリシタンの歴史、天草四郎の乱以降の施政、天草崩れなど。
これで天草の隠れキリシタン関係の資料館。
天草キリシタン館、コレジヨ館、ロザリオ館、サンタマリア館
回ったけれど、どこも隠れキリシタンの歴史をまとめつつも、各館、別々のテーマごとに深みのある展示をしていて、とても興味深く、全部回ってみてほんとによかったと思いました。

まだまだ一日は終わりません。
お次は、私が天草でもっとも好きな崎津天主堂へ参ります。



[PR]
by moonlotusjp | 2014-08-30 13:53 | おでかけ。